病気の原因〜常備薬といえばかぜ薬

薬の飲み方・使い方

治療薬/病気/常備薬/かぜ薬

薬の飲み方・薬の使い方では、身近な治療薬からあまり耳にすることのない病気に対する治療薬の情報を掲載していますので参考にしてださい。
薬の飲み方や薬の使い方を正しく使用しないと副作用や症状が悪化することになりますので注意が必要です。
市販の治療薬でも、わからないことがあったり、複数の薬を一緒に使っても大丈夫なのかと心配になったら迷わず医師や薬剤師に相談することも大切になります。治療薬は、病気を治し健康にしていくものです。
治療薬についてわかりやすく、できるだけ簡単に説明していますので皆様にお役に立てれば幸いです。

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


HOME>常備薬といえばかぜ薬

常備薬といえばかぜ薬


家庭のどこにでもある薬といえばかぜ薬です。常備薬としてかぜ薬は欠かせないものになっています。しかし、常備薬のかぜ薬には症状に合わせてたくさんのしゅるいがあります。ではどのような種類があるのか、かぜ薬について説明します。
抗ウイルス薬
抗ウイルス薬には内服薬と吸入薬があり、風邪の引き始めに使うと治りも早くなります。しかし、ウイルスが薬に対して耐性化するのが早いことでも知られています。
抗生物質
抗生物質はウイルスに対しては効き目はありませんが、扁桃炎や細菌性肺炎などの二次感染を引き起こしている場合に使います。
解熱鎮痛剤
発熱や頭痛、のどの痛みなどの症状があるときに飲む薬です。解熱効果と鎮痛効果をもった薬が使われます。
鎮咳・去痰薬
せきや痰が絡んだりする症状のときに飲む薬で、鎮咳効果と虚痰効果を持った薬もあります。リン酸コデインは便秘になりやすい成分なので繊維質の含まれている食事を心がけます。
鼻炎薬
鼻水・鼻づまりなどの症状があるときに飲む薬で、主に抗ヒスタミン薬が使われています。眠気や集中力が低下しますので、車の運転など避けるようにします。
総合感冒薬
解熱鎮痛薬や鼻炎薬などが配合された薬です。

かぜ薬の注意点
・病院で処方されたかぜ薬を飲んでいるときには、市販のかぜ薬を飲んではいけません。
・病院で処方されたかぜ薬を他人に飲ませてはいけません。
・以前処方されたかぜ薬は飲んではいけません。


病気の原因−コンテンツ一覧−

かぜは急性呼吸器疾患 常備薬といえばかぜ薬 感染症 胃潰瘍・十二指腸潰瘍 便秘 花粉症 糖尿病 高血圧 高脂血症 心筋梗塞・狭心症 不整脈 肝炎 気管支ぜんそく(喘息) 慢性関節リウマチ 痛風 貧血 前立腺肥大症 アトピー性皮膚炎 水虫 パーキンソン病


サイトコンテンツ
治療薬の疑問
薬の効き方
薬の副作用
薬の飲み合わせ
食べ合わせ
子供と薬
高齢者と薬
妊娠と薬
治療薬の豆知識
市販薬の豆知識
新薬の豆知識
病気別
薬の効果・使い方
薬とサプリメント
病気の原因

サイトについて
プライバシーポリシ−
リンク




【注意事項】
当サイトの情報は必ずしも正しいものとは限りませんので、必ず医師や薬剤師の指示のもと薬の使用をしてください。
掲載された内容の誤り、および掲載された情報に基づいて被ったいかなるトラブル、損失、損害についても、当サイトは一切の責任を負いません。

Copyright (C) 治療薬の飲み方・薬の使い方. All Rights Reserved.