病気の原因〜パーキンソン病の原因

薬の飲み方・使い方

治療薬/病気/パーキンソン病/原因

薬の飲み方・薬の使い方では、身近な治療薬からあまり耳にすることのない病気に対する治療薬の情報を掲載していますので参考にしてださい。
薬の飲み方や薬の使い方を正しく使用しないと副作用や症状が悪化することになりますので注意が必要です。
市販の治療薬でも、わからないことがあったり、複数の薬を一緒に使っても大丈夫なのかと心配になったら迷わず医師や薬剤師に相談することも大切になります。治療薬は、病気を治し健康にしていくものです。
治療薬についてわかりやすく、できるだけ簡単に説明していますので皆様にお役に立てれば幸いです。

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


HOME>パーキンソン病の原因

パーキンソン病の原因


パーキンソン病原因は、神経細胞が変質し中脳の黒質でつくられるドーパミンが減少することで引き起こされるといわれています。
脳には無数の神経細胞があり、神経伝達物質を細胞同士で受け渡しすることでお互いの連絡をしています。神経伝達物質にはドーパミン、アセチルコリン、ノルアドレナリンといわれる物質があり、それぞれがバランスを取り合うことで様々な働きをしています。
これらの神経細胞が何らかの原因で変質することで、バランスが崩れアセチルコリンの働きが強くなると、手足の震えやあごの震え、筋肉が硬くなり手足の動きがぎこちなくなる、歩き始めに地面から足が離れない、動きがゆっくりになる、体のバランスが悪くなるといった症状があらわれます。
このような疾患をパーキンソン病といいます。
これらパーキンソン病症状は、ドーパミン量が通常の20%減少するとあらわれるといわれてます。
40〜50歳の中年期以降に発症し、ゆっくりと進行し年齢が高くなるに連れて発症する割合も増えていきます。パーキンソン病の症状は、脳梗塞や脳腫瘍、硬膜下血腫、薬物などが原因でもみられますので、脳検査や血液検査で異常がない場合は症状の特徴によって診断されます。
パーキンソン病の治療は、内科的薬物療法や運動機能のリハビリテーションが行われます。


病気の原因−コンテンツ一覧−

かぜは急性呼吸器疾患 常備薬といえばかぜ薬 感染症 胃潰瘍・十二指腸潰瘍 便秘 花粉症 糖尿病 高血圧 高脂血症 心筋梗塞・狭心症 不整脈 肝炎 気管支ぜんそく(喘息) 慢性関節リウマチ 痛風 貧血 前立腺肥大症 アトピー性皮膚炎 水虫 パーキンソン病


サイトコンテンツ
治療薬の疑問
薬の効き方
薬の副作用
薬の飲み合わせ
食べ合わせ
子供と薬
高齢者と薬
妊娠と薬
治療薬の豆知識
市販薬の豆知識
新薬の豆知識
病気別
薬の効果・使い方
薬とサプリメント
病気の原因

サイトについて
プライバシーポリシ−
リンク




【注意事項】
当サイトの情報は必ずしも正しいものとは限りませんので、必ず医師や薬剤師の指示のもと薬の使用をしてください。
掲載された内容の誤り、および掲載された情報に基づいて被ったいかなるトラブル、損失、損害についても、当サイトは一切の責任を負いません。

Copyright (C) 治療薬の飲み方・薬の使い方. All Rights Reserved.