病気の原因〜前立腺肥大症の原因

薬の飲み方・使い方

治療薬/病気/前立腺肥大症/原因

薬の飲み方・薬の使い方では、身近な治療薬からあまり耳にすることのない病気に対する治療薬の情報を掲載していますので参考にしてださい。
薬の飲み方や薬の使い方を正しく使用しないと副作用や症状が悪化することになりますので注意が必要です。
市販の治療薬でも、わからないことがあったり、複数の薬を一緒に使っても大丈夫なのかと心配になったら迷わず医師や薬剤師に相談することも大切になります。治療薬は、病気を治し健康にしていくものです。
治療薬についてわかりやすく、できるだけ簡単に説明していますので皆様にお役に立てれば幸いです。

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


HOME>前立腺肥大症の原因

前立腺肥大症の原因


前立腺肥大症原因は、年齢による変化と性ホルモンが関係していると考えられていますが、まだはっきとはわかっていません。
昔から年をとるとトイレが近くなると言いますが、50歳以上でこのような症状に心当たりがある人は前立腺の病気の可能性がありますので注意が必要です。55歳以上の男性のうち5人に1人がこの立腺肥大症にかかっているといわれています。
立腺肥大症の症状は3つの段階に分けられます。
立腺肥大症の第一期(刺激期)
尿の回数が増える、尿道や会陰部などに不快感がある、尿が出るまでに時間がかかる、尿が出て終わるまでに時間がかかる、トイレに間に合わない感じになる、トイレに間に合わず少し漏らすなどといった症状がみられます。
立腺肥大症の第二期(残尿発生期)
尿を全部出し切れずに膀胱の中に尿が残ります。これを残尿といい、残尿感とは違い徐々に増えていくので注意する必要があります。残尿量が50mlを超えると手術を考える必要があります。
また、突然排尿ができなくなる急性尿閉になることがあります。
立腺肥大症の第三期(慢性尿閉期)
排尿が困難になり、膀胱に大量の尿がたまった状態になります。頻尿になり頻繁に失禁したりしますが、尿が出にくいと思わないので注意が必要です。この症状が進行すると、膀胱だけではなく尿管や腎臓にまで尿がたまり水腎症や水尿管症を引き起こし、ひどい場合には尿毒症になります。

前立腺肥大のは薬物療法と外科的療法の治療に分けられ、軽い症状であれば薬物療法が行われます。


病気の原因−コンテンツ一覧−

かぜは急性呼吸器疾患 常備薬といえばかぜ薬 感染症 胃潰瘍・十二指腸潰瘍 便秘 花粉症 糖尿病 高血圧 高脂血症 心筋梗塞・狭心症 不整脈 肝炎 気管支ぜんそく(喘息) 慢性関節リウマチ 痛風 貧血 前立腺肥大症 アトピー性皮膚炎 水虫 パーキンソン病


サイトコンテンツ
治療薬の疑問
薬の効き方
薬の副作用
薬の飲み合わせ
食べ合わせ
子供と薬
高齢者と薬
妊娠と薬
治療薬の豆知識
市販薬の豆知識
新薬の豆知識
病気別
薬の効果・使い方
薬とサプリメント
病気の原因

サイトについて
プライバシーポリシ−
リンク




【注意事項】
当サイトの情報は必ずしも正しいものとは限りませんので、必ず医師や薬剤師の指示のもと薬の使用をしてください。
掲載された内容の誤り、および掲載された情報に基づいて被ったいかなるトラブル、損失、損害についても、当サイトは一切の責任を負いません。

Copyright (C) 治療薬の飲み方・薬の使い方. All Rights Reserved.