犬の口に異常がある☆簡単犬のしつけ

犬の口に異常がある



家族のように大切な愛犬異常があると、 よだれが出る、口の中が腫れるなど様々な症状があります。
そのまま放置すると口以外にも症状が出ることがあるので注意してください。

犬の口に異常があるときには、いろいろな病気が考えられます

ここでは、愛犬の口に異常がある場合に考えられる病気を掲載しています。



歯周病

歯茎に炎症がおき歯根膜やセメント質に炎症が広がる病気です。
歯垢や歯石ができそこに細菌が繁殖することが原因になります。

歯茎が腫れて出血したり、よだれや口が臭くなります。
また、歯がグラグラするため、食べるのに時間がかかり栄養不足になることも
ありますので注意してください。。

治療は抗生物質を与え、歯垢、歯石を取り除き消毒します。

予防は歯磨き、定期的に歯石と歯垢を取り除きます。

口内炎

口の中の粘膜が炎症を起こす病気で、
粘膜が傷つけたり、ビタミン不足、糖尿病、感染症などが原因になります。

よだれがたくさん出たり、口が臭くなる、口の中が腫れたり、ただれたりします。

原因が細菌の場合は抗生物質を使い、
患部には消炎剤や消毒薬、ビタミン不足にはビタミン剤を飲ませます。

口腔腫瘍

歯茎や舌、口の中の粘膜などに腫瘍ができる病気で、よだれが出る、
口が臭くなり出血するなど様々な症状があらわれます。

手術で腫瘍を取り除き、放っているとアゴの骨まで転移する場合があるので
骨の一部を取り除きます。

予防は、毎日の歯磨きでチェックして早期発見、早期治療です。

咽頭炎

呼吸器の感染症による原因が多く、有毒ガスや薬品などの吸引でも
発症するケースがあります。

元気がなくなる、食欲がない、吐き気や咳などの症状が起こります。

基本的に内科的治療ですが、ウイルス感染や全身の症状に合わせた
治療を行ないます。

食道炎

主な原因は、胃液や腸液が逆流することで、ほかに科学刺激物や
異物が詰まることでもおこります。

食道炎には表面粘膜の軽い炎症から、重症の粘膜下組織や筋層などを含む
潰瘍がみられることがあります。
食欲がなくなる、よだれ、食道の痛みなどの症状があります。

治療は、食道に負担をかけないため食事を控えたり、
チューブで直接胃に食餌を与えます。
また、抗生物質や抗炎症薬を投与します。

食道梗塞

食道に異物などが詰まってしまう病気でとても危険な状態です。
食べられない、よだれ、嘔吐などの症状で原因不明の痛みが伴うこともあります。

外科手術や内視鏡治療をおこない24時間体制の看病が必要です。

ジステンバー

鼻や口から感染し、全身に広がり臓器や神経障害を引き起こす
感染力の強いウイルスです。

初期症状は、発熱、元気がない、食欲がないといった風邪に似た
症状になります。

その後、症状が悪化すると呼吸器、消火器、泌尿器、皮膚に症状が出るとともに、
同じ場所をぐるぐる回る、痙攣、てんかんなどの神経障害がでてきます。

治療は、抗生物質や抗菌剤、副腎皮質ホルモン薬の投与をします。
また、神経症状があるときには抗てんかん薬、脳代謝賦活剤なども投与します。

予防は、ワクチンがあるので年一回の予防接種が有効です。

レプトスピラ症

レプトスピラ菌に感染したネズミの尿が主な感染源で、牛や豚の尿が
感染源になることもあります。

出血型と黄疸型の2種類があり、
出血型は腎炎や胃腸炎、口内炎の症状があらわれ悪化すると尿毒症になります。

一方黄疸型は、よだれが出たり発熱、息がオシッコ臭くなることもあります。
黄疸型も病状が進むと尿毒症になります。

抗生物質の投与で治療します。予防はワクチン接種です。

てんかん

大脳にある神経細胞が変化することで痙攣を起こす病気です。
原因は、低血糖、肝臓病、腎臓病、脳腫瘍、脳の奇形などいろいろな病気が
考えられています。

体を硬直させ足が痙攣したり顎をガチガチさせます。
ひどくなると口から泡をふいたり、意識を失うことがあります。

治療は、発作を抑えるために抗てんかん薬を毎日飲ませます。