犬のオシッコの色に異常がある☆簡単犬のしつけ

犬のおしっこの色がいつもと違う



家族のように大切な愛犬おしっこが、いつものと違うとき、血尿だったら
とても心配になります。

おしっこの色が違うといろいろな病気が考えられます

ここでは、愛犬のオシッコの色がいつもと違う場合に考えられる
病気を掲載しています。



犬のおしっこの色が赤い場合

膀胱炎
細菌感染によって膀胱が炎症を起こす病気です。
オスよりメスのほうがなりやすく、免疫力が弱っているときや
膀胱に結石があるときなど発症しやすいようです。

治療は抗生物質を投与します。
また、水分を十分に与えることで予防にもなります。

前立腺炎
大腸菌、ブドウ球菌、連鎖球菌などに感染し前立腺が炎症を起こす病気です。
慢性の場合、特に症状は現われませんが急性の場合は元気がなくなる、
食欲不振や発熱といった症状があらわれます。

また、オシッコに血が混じったり茶褐色になったりします。

細菌感染が原因なので抗生物質の投与で治療します。

前立腺腫瘍
はっきりとした原因はわからず、
精巣でつくられるホルモンのバランスが崩れることで発症するといわれてます。

オシッコやウンチが困難になったり、便秘になります。
病状が進むと腹痛や腰痛、さらに歩けなくなることもあります。

治療は手術による前立腺の摘出になります。
前立腺腫瘍は、去勢手術を受けることで予防できます。

腎盂腎炎
細菌による感染症で、尿道から膀胱さらに尿管をさかのぼり
腎盂へあがって腎臓が炎症を起こす病気です。

腎盂腎炎の症状は発熱や嘔吐、多飲多尿の症状がみられ
血や膿の混じったきつい臭いのする尿が出ます。
さらに進行すると腎不全になることも珍しくありません。

完治するのは難しく再発する場合が多くあります。

尿路結石症
尿路結石症とは、腎臓や膀胱で作られた結石が尿と一緒に流れる時に
尿路に引っかかる病気です。
オシッコに行く回数が増えたり、オシッコがなかなかで出なかったりします。

尿路結石の治療は、薬で結石を溶かしたり、
水をたくさん飲ませてオシッコと一緒に出します。

重症の場合は手術で結石を取り除きます。

尿路結石症を防ぐには、ミネラル類の食事をひかえ、
水分をたっぷり取らせることで予防できるようになります。

ねぎ中毒
ねぎに含まれる有機チオ硫酸化合物という成分が原因で
赤血球が減少する病気です。

下痢や嘔吐、貧血、黄疸の症状がみられ血尿が出ることもあります。

フィラリア症
蚊が犬の血液を吸おうとしたときに、吸血孔から体内に侵入して感染します。

元気がなくなる、呼吸困難や黄疸などの症状があり
赤褐色の尿が出ることもあります。

治療は駆虫薬の投与ですが、寄生しているフィラリアが多い場合は血管に詰まることがあるので4〜6週間は安静にします。

また緊急を要する場合は摘出手術をします。

予防は4〜12月頃までの期間予防薬を服用させます。

犬のおしっこの色が黄色い場合

肝炎
ウイルスや細菌などに感染したり、薬物、科学物質の影響で肝臓の細胞が
傷ついたり破壊されることで炎症を起こすことが原因といわれています。

肝炎になると、食欲不振や元気がなくなり下痢、嘔吐を繰り返します。
病状が進行すると黄疸や痙攣などの神経症状が起こります。

ビタミン、たんぱく質、糖質を中心とした食事療法で治療していきます。
定期的に検診を受けることが予防につながります。

肝硬変
慢性肝炎が原因で、繊維組織が増殖して肝臓が硬く変質し
機能が低下する病気です。
元気がなくなる、食欲不振、黄疸やお腹に水がたまってきます。
また、嘔吐、下痢、血便の症状もでてきます。

完治することはできないので、病状の悪化、症状の緩和といった治療になります。
糖分やビタミンが豊富な食事療法を行ないます。

レプトスピラ症
レプトスピラ菌に感染したネズミの尿が主な感染源で、
牛や豚の尿が感染源になることもあります。

出血型と黄疸型の2種類があり、出血型は腎炎や胃腸炎、
口内炎の症状があらわれ悪化すると尿毒症になります。
一方黄疸型は、よだれが出たり発熱、息がオシッコ臭くなることもあります。
また、黄疸型も病状が進むと尿毒症になります。

抗生物質の投与で治療し、予防はワクチン接種です。

犬のおしっこキラキラ光る場合

膀胱炎
細菌感染によって膀胱が炎症を起こす病気です。

オスよりメスのほうがなりやすく、免疫力が弱っているときや
膀胱に結石があるときなど発症しやすいようです。

治療は抗生物質を投与します。
また、水分を十分に与えることで予防にもなります。

尿路結石
腎臓や膀胱で作られた結石が、尿と一緒に流れる時に尿路に
引っかかる病気です。

オシッコに行く回数が増えたり、オシッコがなかなかで出なかったりします。

尿路結石の治療は、薬で結石を溶かしたり、
水をたくさん飲ませてオシッコと一緒に出します。
また、重症の場合は手術で結石を取り除きます。

尿路結石を防ぐには、ミネラル類の食事をひかえ、
水分をたっぷり取らせることで予防できるようになります。