犬の皮膚に異常がある☆簡単犬のしつけ

犬のおしっこが多い・少ない



家族のように大切な愛犬おしっこがいつもと違うときには
とても心配になります。

おしっこが多いときと、オシッコ少ないときでは病気も違っており、
いろいろな病気が考えられます

ここでは、愛犬のオシッコの量がいつもと違う場合に考えられる
病気を掲載しています。



ツメダニ症

イヌツメダニが寄生することで発症します。
背中にそって毛が抜け、フケかゆみがあるのが特徴です。

ひどいかゆみがあり、かきすぎて皮膚が赤くただれることもあります。
全身に寄生している場合は毛を刈り、薬浴剤のお風呂に入れフケやかゆみのあるところを丁寧に洗います。

予防は、生活環境を清潔にし防虫効果のある首輪やシャンプーなどを使います。

ニキビダニ症

ニキビダニや毛包虫と呼ばれるダニが寄生することでおこります。

ニキビダニは毛穴の寄生するため毛が抜ける、赤くただれる、
かゆみが激しくなるといった症状になります。

抗生物質の投与、殺ダニざいのお風呂にいれて治療します。

ノミアレルギー

ノミの唾液に含まれるハプテンというたんぱく質にアレルギー反応が起こることで
発症すると考えられています。

発疹やかゆみ、毛が抜けるといった症状で、大量のノミが寄生すると
貧血を起こすこともあります。

基本的な治療はノミを排除することです。飲み薬、滴下薬、薬浴剤などの
駆虫薬を使ってノミを取り除きます。

症状に対する治療は、かゆみ止め、抗アレルギー薬の投与、ビタミンEを
飲ませることもあります。


皮脂腺腫

細菌が原因の皮膚炎で、皮膚が傷ついているところや蚊に刺されたところから
細菌が入り炎症を起こす病気です。

強いかゆみに襲われ、かんだり、ひっかいたりして毛が抜けはじます。
症状がひどくなると発熱や膿が出ることがあります。

軽症の場合は薬用シャンプー、重症の場合は抗生物質、飲み薬、塗り薬で
治療をします。

脂漏症

皮脂の分泌が正常に働かないことが原因で、アレルギー、皮膚炎、内臓の病気、ビタミンやミネラルの不足によって引き起こされると考えられます。

皮脂分泌が少ないと乾燥しフケがたくさんでて臭いがします。
逆に皮脂の分泌が多くなると背中、お腹、耳、目の周りに症状がでます。

フケがたくさん出たり、臭いがくさかったり外耳炎を併発したりします。

皮脂が少ない症状の場合は、ビタミンAや亜鉛を補給する薬を使い、
シャンプーは保湿効果のあるものを使います。
皮脂が多い場合は、抗脂漏シャンプーで皮脂をとります。

しかし、皮脂を取りすぎると逆に乾性型になるのでフケや臭いがしたら
動物病院に連れて行きます。

脂漏症の予防は、バランスの良い食事と脂肪分を適切な量を与えます。

皮膚真菌症

真菌というカビが原因で、円形脱毛になり毛が細くなる、毛が切れたりするのが
特徴的な症状です。

老犬が皮膚真菌症に感染すると全身に広がることがあります。

薬浴剤を使い犬に薬浴させます。完治するまでには時間がかかる病気です。

副腎皮質機能亢進症

クッシング症候群とも呼ばれ、副腎から分泌されるホルモンが過剰になる病気で、
脳下垂体にできた腫瘍の影響や、ステロイド剤が原因となることもあります。

体の左右が同じように毛が抜けるのが特徴的で、水をたくさん飲み
オシッコの量が増えます。

腫瘍が原因の場合は、手術で取り除き、
ステロイド剤が原因の場合は投与の量を減らします。

フィラリア症

蚊が犬の血液を吸おうとしたときに、吸血孔から体内に侵入して感染します。

元気がなくなる、呼吸困難や黄疸などの症状があり
赤褐色の尿が出ることもあります。

治療は駆虫薬の投与ですが、寄生しているフィラリアが多い場合は
血管に詰まることがあるので4〜6週間は安静にします。
また、緊急を要する場合は摘出手術が行われます。

予防は4〜12月頃までの期間予防薬を服用させます。