簡単☆社交性のある犬のしつけ

犬に社交性がない



ワクチン接種が終わり外出可能な時期になったらできるだけ他人と触れ合う機会をつくります。
家の中だけで育てると、他人に対して必要以上に警戒心を持つようになります。
また、少しの変化にも敏感に反応し吠えたり、他人に攻撃するといったことになる可能性も出てきます。

社交性を持たせることはとても大切になってきます。



犬と外に出る

外に出ることで多くの犬がいることを知り、友達になれるようにすることも大切です。

よく見かけるのが、興味はあるけど遠巻きに吠えて近寄ろうとしないことがあります。
このような行動をそのままにしておくと、どんな犬が近寄ってきても吠えて近寄らせないという行動をとります。
そうなる前に、そのような行動をしたらすぐに対処します。

社交性のない犬の対処法

リードを短めに持って犬をさすりながら『大丈夫だから』と声をかけ落ち着かせます。
相手の犬が社交性のある犬だったら、飼い主に協力してもらい少しずつ近寄ってもらいます。
近寄って来たときに、唸ったり吠えたりしたときには間髪いれず『ダメ!いけない!』と叱りリードを強めに引きます。

ここでやってはいけないことがあります。
すぐに抱きかかえることです。


抱きかかえてしまうと、犬は自分に強い見方ができたと思い相手の犬に強気の態度をみせるようになります。

犬の社交性の近道

早く社交性をつけてければ、、飼い主同士が協力していくことが一番の早道になります。 犬同様、飼い主も社交性を持つ努力が必要です。

ただし、注意することがあります。
犬の性格によっては、人嫌いや他の犬に馴染めないこともありますので無理強いをしないことです。