公立高校授業料無償化のために公立高校合格!

公立高校授業料無償化のために公立高校合格!

民主党政権になり、公立高校授業料無償化が現実味を帯びてきました。
公立高校授業料無料化実施時期は、平成22年度からになっています。

現在は、公立高校授業料無償化の実施時期に間に合うように
財源の確保に集中していることでしょう。

公立高校の授業料無償化になるということは、家計にとってすごく助かります。

高校受験を控えている多くの家庭で、公立高校に合格して欲しいと思っているはずです。

最近では、公立高校離れになっていると言われていましたが、
再び公立高校が注目されることは間違いありません。

そのため、今まで以上に競争率が上がることが予想されます。

公立高校に合格させるためにも多くの生徒が公立高校合格率の高い学習塾に通うことになりでしょう。

実際、大手の学習塾では生徒が増えることを予想して教室を増やしていっています。

高校受験に合格するためにも、学習塾選びはとても重要になってきます。

公立高校に合格させるためにも、子供を学習塾に通わせることをおススメします。

親の年収が子供の成績を決める

親の年収と子供の成績は比例することがお茶の水女子大学の調査でわかりました。

親の年収が多い家庭、教育費の支出が多い家庭ほど子供の成績が良くなっています。

親の年収によって最大23ポイントの差がついたほか、
塾に通って子供と5万円以上教育費を使っている家庭では最大27ポイントの差がつきました。

ショッキングな話ですが、
『子供成績は親の年収次第・・・。』


でも安心してください。

中学生までのお子さんがいる家庭には子供手当として
平成22年度から毎月2万6千円が支給されることになっています。

平成21年度は、半額の1万3千円の支給になります。

この子供手当を、子供の教育費として学習塾や教材費として使うことです。

公立高校に合格授業料を無償化にするためにも、
子供の学習塾に通わせることをおススメします。

高校受験に関するニュース

サイトMENU
授業料無償化による高校受験

公立高校の授業料が無償化になると、公立高校合格を目指して受験する生徒が多くなります。 すると、当然競争倍率が上がってきます。
今まで公立高校合格圏内にいたのに公立高校合格ギリギリになることも考えられます。
公立高校授業料無償化のためにも、今まで以上に勉強する必要があります。
子供が塾に通っていない
・もっと成績を上げるために塾を変えようか悩んでいる
・優秀な先生がいる塾を探しているなど学習塾を探している方におススメの学習塾を紹介しています。

リンク集