簡単 犬 トイレ しつけ

犬の簡単トイレのしつけ



子犬が来た初日から始めるのがトイレのしつけです。
連れてきてすぐに部屋に放すと、ところ構わずトイレをすることがありますので必ずサークルやゲージにトイレシートを全面に敷き準備しておきます。
トイレが終わったらすぐに片付け、ゲージの半分に子犬用のベット・残りのスペースにトイレシートを敷きます。

犬は元来きれい好きなのでトイレの後は清潔さを保つためにこまめに片付けることです。 汚れたままだとトイレをするスペースがなくなりベットを汚す原因になります。
これは飼い主の責任です。



犬のトイレのタイミング

子犬は起きた時、食事の後にトイレをしますのでゲージの中で餌を与えるようにします。 このゲージの中で餌を与える行為は、ゲージの中は楽しい場所ということを認識させる役目もあります。

飼い主は、子犬がどのタイミングでトイレをするのか観察してください。 タイミングがわかってくればスムーズにトイレをさせることができます。
トイレの後はゲージから出して遊びましょう。

ここで注意することは、長い時間遊ばせると我慢できずにトイレ以外でオシッコをするので、次にオシッコが出そうな前にゲージに戻します。
このような生活を役一ヶ月続けます。

トイレのしつけステップアップ

トイレでオシッコやウンチがきちんとできるようになったら、ゲージの出入り口を開け自由に出入りできるように準備します。
次にゲージの中一面にトイレシーツを敷き、自由にトイレができるようにしておきます。
これで準備はオッケー!あとは、きちんとできるか見守ってください。

トイレ以外で排泄した場合の注意です。
ゲージの中に入れ最初からしつけをいていきます。
叱る場合は、必ずトイレをした直後に叱ること!
決して体を叩くようなことは絶対やめてください。

スリッパや本などで床を叩いたり、手を叩くなどして音で叱るようにしてください。