犬が触るのを嫌がる☆犬のしつけ

さわるのを嫌がる犬



飼い主に体を触られても抵抗しないように犬をしつけをします。

まずは、遊びながら体のいろんな場所をさわっていき犬が嫌がる場所を探していきます。 仰向けにしてお腹をさわったり、足先、シッポなど嫌がるところがないか確認します。
は自分のさわられたくない場所や、嫌な格好をさせらると噛み付くなどの抵抗をしてきます。 そのような時には、厳しい目でにらみ叱りゆっくりとさわったり仰向けにしたりします。

このように触られるしつけをしていると、もし病気や怪我をした時病院で見てもらうときには抵抗しないのでとても助かります。



犬の口を開ける

犬のしつけの中で、多くの飼い主が気づかないトレーニングがあります。

それは、口を開けるトレーニングです。

自由に口を開けることができるようになれば、歯石をとったり薬を飲ませるときなどとてもスムーズに対応できます。
日頃からガーゼなどを指にまいて歯のお手入れをしていきます。
最初は嫌がりますが、やさしく声をかけゆっくり無理のないようにトレーニングしていきます。

ブラッシングに慣れさせる

毛の長い犬はブラッシングが必要になります。
遊びながらブラシやコームを体に当てて少しづつ毛をとかしていきます。
この時に毛を引っ張りすぎたり、皮膚を引掻くなど犬に痛い思いをさせるとブラッシングが嫌になってしまいます。

毛玉ができている場合は、毛の根元を持ちほどきます。
飼い主もブラッシングなど、日々のお手入れの技術を会得するよう努力してください。