犬のうんちの色がいつもと違う・下痢☆簡単犬のしつけ

犬のうんちの色がいつもと違う・下痢



家族のように大切な愛犬うんちがいつものと違うとき、
下痢になったらとても心配になります。

うんちの色がいつもと違う場合や下痢、血が混じっていると
いろいろな病気が考えられます。

ここでは、愛犬のうんちの色がいつもと違う場合に考えられる
病気を掲載しています。



ジステンバー

鼻や口から感染し、全身に広がり臓器や神経障害を引き起こす
感染力の強いウイルスです。

初期症状は、発熱、元気がない、食欲がないといった
風邪に似た症状になります。
その後、症状が悪化すると呼吸器、消火器、泌尿器、皮膚に症状が出るとともに、
同じ場所をぐるぐる回る、痙攣、てんかんなどの神経障害がでてきます。

治療は、抗生物質や抗菌剤、副腎皮質ホルモン薬の投与をします。
また、神経症状があるときには抗てんかん薬、脳代謝賦活剤なども投与します。

予防は、ワクチンがあるので年一回の予防接種が有効です。

パルボウイルス感染症

子犬がかかりやすい病気で、感染している犬の糞便や、
ウイルスに汚染された食器などに触れることで感染します。

激しい嘔吐や下痢になり脱水症状をおこします。
最初は灰白色や黄灰色の便で次第に粘りのある便になり、
症状が進むと血便になりとても臭くなることがあります。

ウイルスに対する薬はなく、体力を回復させるための治療を行ないます。
ほかに、抗生物質や整腸剤の投与も行なうことがあります。

予防は、混合ワクチンが有効で子犬のときから定期的にワクチン接種をします。

コロナウイルス性腸炎

とても感染力が強くウイルスに感染した犬の接触や、糞便、嘔吐物、
汚染された食器などに触れることで感染します。

コロナウイルス性腸炎の症状は元気がなくなる、食欲不振、嘔吐、
下痢といった症状でオレンジ色の便や血便が出ることもあります。

コロナウイルスに有効な薬はなく、体力の回復や症状を緩和させる
治療が行なわれます。

また、予防ワクチンもないので感染を防ぐためには、
ウイルスに感染した犬に近づかない、居住環境を清潔にすることが大切です。

回虫

口からの感染と、感染した母犬から胎子のときに胎盤感染することがあります。

子犬が感染すると気管から小腸へ移動し成虫になりますが、
成犬で感染すると全身の臓器に浸入し成虫にならずにいます。

食欲がなくなる、嘔吐や下痢の症状がみられ
栄養分を回虫に吸収されるので毛のつやがなくなってきます。
また子犬が感染すると重症になりやすいので注意が必要です。

回虫の治療は、駆虫薬の投与で体内の回虫を駆除します。

条虫

イヌ条虫は、ノミを犬が食べることで感染します。

寄生されてもそれほど重症にはなりませんが、たくさん寄生されると
食欲がなくなる、下痢、毛のつやがなくなるといった症状がでます。

糞便と一緒に排出されるとき肛門のまわりに着き、
犬は不快を感じお尻を舐めたり地面に擦りつけたりします。

治療は駆虫薬の投与と、ビタミン剤や下痢止めのなど
症状にあわせた薬も投与します。

鞭虫

感染した犬の糞便の接触で鼻や口から感染します。

幼虫は小腸の粘膜から盲腸に移動し成虫になり、血を栄養分にして寄生します。

症状は、食欲がなくなる、下痢や血の混じった便、血を吸われることによる
貧血もみられます。

治療は、便の検査をして症状にあった駆虫薬の投与をします。
また、下痢止め、整腸剤、栄養補給なども行ないます。

鉤虫

感染ルートには口からの感染、皮膚からの感染、胎盤や母乳からの
感染があります。
口からの感染がほとんどで、感染した犬の糞便の卵が土の中で孵化し
幼虫となって犬が来るのを待ち構えています。

小腸に住み着き血を栄養分として吸いますので、
寄生数が多いと貧血や下痢になります。

子犬が感染すると、食欲がなくなる、
下痢や血便が出るなど症状がひどくなることがあります。

駆虫薬を投与しますが、一度の投与では駆除できないので数回投与します。

コクシジウム

口から感染して小腸に寄生し、上皮細胞内に入り細胞を壊しながら
増えていきます。
小腸の細胞を壊すので血便や下痢、脱水症状になったりします。
また、子犬や老犬は免疫力が低いので重症になりやすくなります。

治療は駆虫薬の投与で、脱水症状の場合は輸液、
貧血がひどいときは輸血をします。

コクシジウムは抵抗性が強いため、犬の生活環境を清潔に保つことが
予防になります。

ジアルジア

口から体内に入り小腸内に寄生します。
ランブル鞭毛虫ともいわれ、八本の鞭毛を使い栄養分を吸収します。

腸粘膜に寄生したジアルジウムは脂肪の吸収をジャマするため
脂っぽい便が出ます。
また、子犬が感染すると下痢や栄養障害を引き起こすことがあります。

ジアルジア治療は駆虫薬を投与します。