犬が痩せる・やせる☆簡単犬のしつけ

犬が痩せる・やせる



家族のように大切な愛犬が食欲があるのに痩せるととても心配になります。 犬がやせる、元気があるのに痩せるといろいろな病気が考えられます。

ここでは、愛犬が元気があるのに痩せる場合に考えられる
病気を掲載しています。



回虫

口からの感染と、感染した母犬から胎子のときに胎盤感染することがあります。

子犬が感染すると気管から小腸へ移動し成虫になりますが、
成犬で感染すると全身の臓器に浸入し成虫にならずにいます。

食欲がなくなる、嘔吐や下痢の症状がみられ
栄養分を回虫に吸収されるので毛のつやがなくなってきます。
また子犬が感染すると重症になりやすいので注意が必要です。

回虫の治療は、駆虫薬の投与で体内の回虫を駆除します。

条虫

イヌ条虫は、ノミを犬が食べることで感染します。

寄生されてもそれほど重症にはなりませんが、たくさん寄生されると
食欲がなくなる、下痢、毛のつやがなくなるといった症状がでます。

糞便と一緒に排出されるとき肛門のまわりに着き、
犬は不快を感じお尻を舐めたり地面に擦りつけたりします。

治療は駆虫薬の投与と、ビタミン剤や下痢止めのなど
症状にあわせた薬も投与します。

鞭虫

感染した犬の糞便の接触で鼻や口から感染します。

幼虫は小腸の粘膜から盲腸に移動し成虫になり、血を栄養分にして寄生します。

症状は、食欲がなくなる、下痢や血の混じった便、血を吸われることによる
貧血もみられます。

治療は、便の検査をして症状にあった駆虫薬の投与をします。
また、下痢止め、整腸剤、栄養補給なども行ないます。

鉤虫

感染ルートには口からの感染、皮膚からの感染、胎盤や母乳からの
感染があります。
口からの感染がほとんどで、感染した犬の糞便の卵が土の中で孵化し
幼虫となって犬が来るのを待ち構えています。

小腸に住み着き血を栄養分として吸いますので、
寄生数が多いと貧血や下痢になります。

子犬が感染すると、食欲がなくなる、
下痢や血便が出るなど症状がひどくなることがあります。

駆虫薬を投与しますが、一度の投与では駆除できないので数回投与します。

甲状腺機能亢進症

甲状腺ホルモンに過剰分泌されることで起こります。
甲状腺の腫瘍や遺伝によるもの、他のホルモンが異常に分泌されることが
原因として考えられています。

甲状腺機能亢進症の症状は落ち着きがなく興奮しやすくなり、食べるのに痩せる、
水をたくさん飲みオシッコ量が多くなります。

抗甲状腺薬を投与しホルモンの分泌を抑えます。

糖尿病

血液に含まれるブドウ糖が異常に増えることで起こる病気で、
食べすぎや運動不足、肥満やウイルス感染症が原因と考えられています。

食欲があるのに痩せる、水をたくさん飲みオシッコの量が多くなるといった
症状が出ます。
病状が進むと白内障や腎炎、感染症にもかかりやすくなります。

インスリン注射や食事制限で治療を行ないます。
食べ過ぎ、運動不足に注意し一年に一度は血液検査をして予防に努めます。

慢性すい炎

すい臓で作られる膵液は、たんぱく質や脂肪を分解する強い消化液ですが、
この膵液が何らかの原因で活性化され、すい臓自身が炎症を起こす病気です。

下痢や嘔吐の症状があり、重症になると激しい腹痛と嘔吐になり
脱水症状やショック状態になり動けなくなります。

治療は、すい臓の働きを抑えるためしばらく食事を与えなようにし、
痛みを抑える薬の投与や栄養補給していきます。

慢性すい炎を予防法は、肥満にならないように
脂肪分の多い食事を控えることです。